格安スマホと格安SIMを使いこなそう!

格安SIMと格安スマホについて詳しく説明します。
ページの先頭へ
トップページ > 話題の格安SIMを店頭で販売している

話題の格安SIMを店頭で販売している

話題の格安SIMを店頭で販売している量販店には、今や格安SIM販売コーナーがあります。

ここでプランを選択して、購入することが出来ます。

しかし、格安SIMは購入しただけでは使えません。ネット環境がある場所でオンライン契約をすることで初めて使うことが可能となります。大変話題になっている格安SIMは、ユーザーがスマホを持っていることを想定して販売しているカードのことです。ですから、格安SIMカードはそれもにで売られています。

スマホなどの端末は自分で用意する必要があります。

今や量販店や格安SIM販売店では、たくさんの通信事業者の格安SIMが、販売されています。

このたくさんのSIMカードから自分にあったものを見つけ出すのは一苦労です。

タイプや特徴などの共通点を把握することで、より良い選択が出来ます。

店頭ではその多さに迷ってしまうので、インターネットや専門サイトで知識を付けて選び方の知識を付けてからにしましょう。

格安SIM事業者は、通信事業者大手のドコモなどからまとめて回線を借りているのでその分ユーザーに安く提供できるのです。

個々に契約するよりまとめて契約するかわりに回線の利用料金を安くして借りられるのでユーザーに格安でサービスを提供できるのです。まとめて回線を借りているので格安でサービスを提供できるのです。

回線の利用料金を安くして借りられるのでそもそもSIMカードというのは、スマホやガラケーなどに、挿してあるメモリーカードのことを言います。

SIMカードの中に、端末を利用するための情報などが記憶してあります。

SIMカードの中には電話情報などの他にどこの通信会社を利用するかなどという情報がメモリーされています。

格安SIMと、大手通信事業者のSIMの違いは、提供しているサービスにあるわけです。大手通信事業者は、通信の以外にもいろいろなサービスも一緒に提供しているのですが、格安SIMの業者はデータ通信という基本的ことだけに絞ってサービスを提供しているため価格を抑えれとこが出来るのです。格安SIMが使えるスマホは、SIMフリーと呼ばれている端末が中心です。

一般的に、大手キャリアから販売されているスマートフォンは、別の通信事業者で利用することが出来ないようにSIMロックがかけられています。

この仕組みをSIMロックといいSIMフリーとはこのSIMロックがかかっていないものを言います。ヨドバシカメラやイオンなどは、格安SIMと格安スマートフォンのセットもプランが用意されています。最新型の端末ではなく、ひと世代前の端末と合わせることで、費用を安くすることが出来るのです。

格安スマホと合わせることで以前の5割以下で、大手キャリアでスマートフォンを契約する感覚で、店頭で申し込みが出来て、端末の利用もすぐにできます。ドコモなどの大手通信事業者で端末を契約するときには、ショップで好みの端末を選択して、SIMカードも同時に購入するのが普通です。

しかし、格安SIMというのは、SIMカード単体で購入するわけですからスマホなどの端末を自ら用意しなければいけません。

Copyright (c) 2014 格安スマホと格安SIMを使いこなそう! All rights reserved.