格安スマホと格安SIMを使いこなそう!

格安SIMと格安スマホについて詳しく説明します。
ページの先頭へ
トップページ > ドコモやauなどの大手キャリアでスマホやガラケー

ドコモやauなどの大手キャリアでスマホやガラケー

ドコモやauなどの大手キャリアでスマホやガラケーを契約するとき、お店で気にいったスマホや携帯電話を選んでSIMカードと一緒に購入するのが通常です。

ですが、格安SIMを使用する場合は、SIMだけを買うことになるので端末を自分で用意だてなければならないのです。今話題の格安SIMはユーザーが端末を持っていることを想定して、販売しているカードのことです。なので、格安SIMカードはそれもにで売られています。スマートフォンなどの端末器は自ら用意だてる必要があります。今や量販店や格安SIM販売店では、多くの種類の格安SIMカードが、売られています。

たくさんある格安SIMの中から自分に適したものを見つけ出すのは一苦労です。

タイプや特徴などの共通点を把握することで、より良い選択が出来ます。いきなりショップにいっても悩んでしまうので、本やネットで良く調べて選び方の知識を付けてからにしましょう。

大手キャリアと格安SIMの違いは、提供しているサービスにあるわけです。

通信事業者大手は、通信サービスの他にいろいろなサービスも一緒に提供しているのですが、格安SIMの業者はデータ通信という基本的ことだけに絞ってサービスを提供しているので料金を安く出来るのです。通信の他にさまざまなサービスもその分安く出来るのです。付加されたサービスの内容に格安SIM業者は、大手通信業者から回線をまとめて借りているためその分をお客に格安で回線を提供しています。

個々に契約するよりまとめて大口を契約する代わりに回線の利用料金を安くして借りられるのでその分お客に格安でサービスを提供できるのです。格安SIMを利用できる端末は、SIMフリーと呼ばれている端末が中心です。通常、大手キャリアから販売されているスマートフォンは、別の通信事業者で利用することが出来ないようにSIMロックがかけられています。

これを一般的にSIMロックを言っていてSIMフリーというのはこのSIMロックがかかっていないものを言います。話題の格安SIMを店頭で販売している量販店には、目立つように格安SIMコーナーが設けられています。

ここでプランを選択して、レジにて支払いをします。

ただし、格安SIMは購入しただけでは使えません。

インターネットが繋がる環境化で、オンラインで契約を完了させることで初めて使うことが可能となります。SIMカードとは、スマートフォンや携帯に、挿してあるメモリーカードのことを言います。SIMカードには、スマホやガラケーを使うための大事な情報がメモリーされているのです。

SIMカードは電話番号情報の他にも、どの事業者で通信するのかなどという情報がメモリーされています。

イオンやヨドバシカメラなどでは、格安SIMと格安スマホをセットにしたパッケージも用意されています。最新型の端末ではなく、ひと世代前の端末と合わせることで、価格を抑えることが出来ます。

端末代を合わせても大手通信事業者の半額以下で、大手通信事業者でスマホを契約するような感覚で、店頭で申し込みが出来て、利用開始が出来ます。

Copyright (c) 2014 格安スマホと格安SIMを使いこなそう! All rights reserved.