格安スマホと格安SIMを使いこなそう!

格安SIMと格安スマホについて詳しく説明します。
ページの先頭へ
トップページ > 通信大手事業者と格安SIM事業者の違いは

通信大手事業者と格安SIM事業者の違いは

通信大手事業者と格安SIM事業者の違いは、提供しているサービスにあります。

大手キャリアでは、通信の以外にもいろいろなサービスも提供していますが、格安SIMの業者はデータ通信という基本的ことだけに絞ってサービスを提供しているのでその分安く出来るのです。

そもそもSIMカードというのは、スマートフォンや携帯に、差し込んであるICカードのことです。

SIMカードの中に、スマホやガラケーを使うための大事な情報がメモリーされているのです。SIMカードの中には電話情報などの他にどこの通信会社を利用するかとうの情報などがメモリーされています。

記憶されていいます。SIMカードの中には電話情報などの他にSIMカードの中に、格安SIMを利用できる端末は、SIMフリーと呼ばれている端末が中心です。

一般的に、通信大手キャリアから売られているスマートフォンは他社の回線で使うことが出来ないようにSIMロックがかけられています。このことを通称SIMロックといってSIMフリーという言葉はこのSIMロックがかかっていないものを言います。イオンやヨドバシカメラなどでは、格安SIMと格安スマートフォンのセットも用意されています。最新の機種ではありませんが、数世代前の製品を利用することで、費用を安くすることが出来るのです。

格安スマホと合わせることで以前の5割以下で、通信キャリア大手で端末を契約する感じで、ショップで申し込みができ、利用開始が出来ます。格安SIM事業者は、大手キャリヤ『ドコモ』、『au』などからまとめて回線を借りているのでその分ユーザーに格安で回線を提供しています。

一回線ずる契約するよりもまとめて大口を契約する代わりに大手から安く回線が借りられるのでその分お客に安くして提供しています。ドコモやauなどの大手キャリアで携帯電話を契約する際は、ショップで好みの端末を選択して、SIMカードも同時に購入するのが通常です。しかし、格安SIMを使用する場合は、SIMだけを買うことになるので端末を自分で用意しなければいけません。話題の格安SIMを店頭で販売している量販店には、今や格安SIM販売コーナーが設けられています。ここでプランを選択して、レジで購入することが可能です。しかし、格安SIMというのは買っただけでは利用できません。

自宅などのネットに繋がる場所でオンライン契約を済ませることで初めて使うことが可能となります。イオンや家電量販店などの格安SIMコーナーでは、たくさんの通信事業者の格安SIMが、売られています。たくさんある格安SIMの中から自分に適したものを探すのは大変です。

タイプや特徴などの共通点を把握することで、自分にあったSIMが選べます。

いきなりショップにいっても悩んでしまうので、インターネットや専門サイトで知識を付けて選び方の知識を付けてからにしましょう。

格安SIMは、利用者がスマホを持っていることを想定して売られているSIMカードなのです。

なので、SIMカードのみで販売されています。

スマートフォンなどの端末器は自分のほうで用意する必要があります。

Copyright (c) 2014 格安スマホと格安SIMを使いこなそう! All rights reserved.