格安スマホと格安SIMを使いこなそう!

格安SIMと格安スマホについて詳しく説明します。
ページの先頭へ
トップページ > 100格安SIMは、利用者が端末を持っていること

格安SIMは、利用者が端末を持っていることが前提

格安SIMは、利用者が端末を持っていることを想定して、売られているSIMカードなのです。そのため、格安SIMカードはそれもにで販売しています。スマホなどの端末は自ら用意だてる必要があります。イオンや家電量販店などの格安SIMコーナーでは、多くの種類の格安SIMカードが、並んでいます。たくさんある格安SIMの中から自分に適したものを探すのは大変です。

タイプや特徴などの共通点を把握することで、スムーズな選定が可能です。

店頭ではその多さに迷ってしまうので、インターネットや専門サイトで知識を付けて選び方の知識を付けてからにしましょう。

格安SIMが使えるスマホは、SIMフリーと呼ばれている端末が中心です。ふつうは、大手キャリアから販売されているスマートフォンは、他社の回線で使うことが出来ないようにSIMロックがかけられています。

このことを通称SIMロックといってSIMフリーとはこのSIMロックがかけてないことをいいます。ドコモなどの大手通信事業者で端末を契約するときには、店頭で好きな携帯電話端末を選択して、SIMカードも一緒に買うのが一般的です。

ですが、格安SIMを使用する場合は、端末ではなくSIMカードのみを購入するためスマートフォンやタブレットなどは自分で用意だてなければならないのです。

格安SIM業者は、通信事業者大手のドコモなどからまとめて回線を借りているのでその分をお客に格安で回線を提供しています。一回線ずる契約するよりもまとめて大口を契約する代わりに大手から安く回線が借りられるのでその分お客に安く提供しているのです。

大手キャリアと格安SIMの違いは、受けられるサービスの内容にあります。

大手通信事業者は、通信の他にさまざまなサービスも一緒に提供しているのですが、格安SIMは基本的なでーた通信に絞ってサービスを提供しているため料金を安く出来るのです。スマホなどに使われているSIMカードとは、スマートフォンや携帯に、挿してあるメモリーカードのことを言います。SIMカードには、端末を利用するための情報などが記憶してあります。

SIMカードの中には電話情報などの他にどの事業者で通信するのかなどという情報がメモリーされています。ヨドバシカメラやイオンなどは、格安SIMと格安スマートフォンのセットもプランが用意されています。

最新の端末ではなくて、数世代前の製品を利用することで、全体にかかる費用を安くすることを目的としてます。端末代を合わせても大手通信事業者の半額以下で、大手通信事業者でスマホを契約するような感覚で、お店で申込みができ、直ぐに利用することが可能です。話題の格安SIMを店頭で販売している量販店には、格安SIMの販売コーナーが設けられています。

この店頭でプランを選択して、レジにて支払いをします。

ですが、格安SIMは購入しただけでは使えません。

インターネットが繋がる環境化で、オンライン契約をすることで開通して使うことが出来るようになります。

Copyright (c) 2014 格安スマホと格安SIMを使いこなそう! All rights reserved.