格安スマホと格安SIMを使いこなそう!

格安SIMと格安スマホについて詳しく説明します。
ページの先頭へ
トップページ > ドコモやauなどの大手キャリアで携帯

ドコモやauなどの大手キャリアの半額以下!?

ドコモやauなどの大手キャリアで携帯電話を契約する際は、ショップで好みの端末を選択して、SIMカードも同時に購入するのが普通です。

だけど、格安SIMを使うときには、端末ではなくSIMカードのみを購入するためスマートフォンやタブレットなどは自分で用意だてなければならないのです。

格安SIM事業者は、大手キャリヤ『ドコモ』、『au』などから一括で回線を借りているのでその分ユーザーに安く提供しています。

個々に契約するよりまとめて契約するかわりに回線の利用料金を安くして借りられるのでユーザーに安く提供しているのです。ヨドバシカメラやビッグカメラなどの店頭には、格安SIMの販売コーナーが設けられています。

こういったお店でプランを選んで、レジにて支払いをします。

ですが、購入するだけでは開通しません。自宅などのネットに繋がる場所でオンライン契約を済ませることで開通して使うことが出来るようになります。格安SIMが使えるスマホは、SIMフリーと呼ばれているタイプがほとんどです。

ふつうは、大手キャリアから販売されているスマートフォンは、他の通信事業者では使うことができないようにSIMにロックがかかっているのです。これを一般的にSIMロックを言っていてSIMフリーとはこのSIMロックがかかっていないものを言います。

量販店の格安SIM販売コーナーには、たくさんの通信事業者の格安SIMが、売られています。

ここから自分に適したものを見つけ出すのは一苦労です。

各社それぞれに特徴をつかむことで、自分にあったSIMが選べます。なにも判らずにお店にいっても迷ってしまうので、本やネットで良く調べて選び方の知識を付けてからにしましょう。

格安SIMは、利用者が端末を持っていることを想定して、販売されているカードです。

そのため、SIMカード単体で売られています。

スマートフォンなどの端末器は自分で用意する必要があるのです。スマホなどに使われているSIMカードとは、スマートフォンや携帯に、挿してあるメモリーカードのことを言います。

SIMカードには、端末を利用するための情報などが記憶してあります。

SIMカードの中には電話情報などの他にどこの業者を使って通信するのかなどの情報がメモリーしてあります。イオンやヤマダ電機などの量販店では、格安SIMと格安スマホをセットにしたパッケージも用意されています。最新の機種ではありませんが、ひと世代前の端末と合わせることで、費用を安くすることが出来るのです。端末代を合わせても大手通信事業者の半額以下で、大手キャリアでスマートフォンを契約する感覚で、お店で申込みができ、利用開始が出来ます。イオンやヨドバシカメラなどでは、プランが用意されています。格安スマホと格安SIMのセットプランも大手キャリアと格安SIMの違いは、付加されたサービスの内容にあります。大手通信事業者は、通信サービスの他にいろいろなサービスも合わせて提供しているのでが、格安SIMの業者はデータ通信という基本的ことだけに絞ってサービスを提供しているためその分安く出来るのです。

Copyright (c) 2014 格安スマホと格安SIMを使いこなそう! All rights reserved.